「責任とれんのか」っていうセリフについて

ぷりっぷりのおしり⛅

2021/12/24 18:54

<p>株式会社ミリオンダウトという零細企業の社長のぷりけつです。</p> <p>このvivleの運営会社の社長でもあります。</p> <p><br></p> <p>社内のポエムからの転記になります。偉い人たちに見せたら評判がよかったでみなさんに公開します。</p> <p>ほぼまま乗っけます。</p> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">ドラマとかマンガで「</span><strong style="color: rgb(0, 0, 0);">責任とれんのか!」</strong><span style="color: rgb(0, 0, 0);">とか、「</span><strong style="color: rgb(0, 0, 0);">おれが責任を負う」</strong><span style="color: rgb(0, 0, 0);">っていうセリフがあるが、責任という言葉を非合理的に解釈している人が多いと感じる 特に壮大な何かと解釈している人が多い</span></p> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">責任という言葉を合理的に解釈することで、無駄なストレスや萎縮が減るので、ぷりけつなりの責任というものがどういうことか解説する</span></p> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">責任という言葉には、</span><strong style="color: rgb(0, 0, 0);">「損失を引き受けること」</strong><span style="color: rgb(0, 0, 0);">と</span><strong style="color: rgb(0, 0, 0);">「損失のリカバリをすること」</strong><span style="color: rgb(0, 0, 0);">の2つの側面がある。ここでは、前者の責任を実損責任、後者の責任をリカバリ責任と呼ぶ。</span></p> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">実損責任についての捉え方がとても重要。</span></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">実損責任を理解するには、社長以下全社員はただの代打ちにすぎないという捉え方がわかりやすい。</span></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">ヤクザの麻雀の代打ちは、組が損失を補填し、普通は代打ちが金銭的に補填することはない(マンガの中では)。</span></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">同様に、実損責任は、会社が責任を取る。たとえばどこかの会社に営業をして滑ったとき、それに伴うロスは会社が負っている(自動的に負わされている)。</span></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">つまり、実損責任は、社長も含めて社員がとることはほぼない。契約や法的に認められた部分で損失を補填することはあるが、普通に仕事をしていて損失の補填を金品で求められることはまずない。日本では、減給というのもほぼ事例が存在しない(役員とかが役員報酬カットとかはあるけど)。強いて言うなら株主として責任をとってることはあるが、あくまで社長や社員は普通の契約の場合はとっていない。</span></p> <h1><strong style="color: rgb(0, 0, 0);">端的に言えば、社長も社員も他人の金で博打をしている人である。</strong></h1> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">以上が実損責任に対するぷりけつの考えで、これを誤解していたので前職は割と縮こまっていたように思う。もっと金を取れるチャンスがあったが、リスクがあり、責任がとれないと思って見送ったことが多々ある。</span></p> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">弊社では、</span><strong style="color: rgb(0, 0, 0);">致命傷でなければ、どんどん抽選を受けることを推奨している。</strong></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">自分も含めて社員(とりわけ若者)に最も期待していることは、ミリオンダウトで鍛えられた「抽選を受けること」に対する心理的抵抗感の低さ。</span></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">期待値がマイナスなことをわざわざしようとは思わないはずなので、そこは信頼して今回言及しない。</span></p> <p><br></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">以上が、実損責任。</span></p> <p><span style="color: rgb(0, 0, 0);">で、以下がリカバリ責任について。これが多くの人が負うべき責任、というか負うことで得する責任。どういう責任の負い方をすればいいかを以下に書く。</span></p>

続きを読むためには
この続きは文字数は1,342文字です。
既に購入済の方はログインしてください
「責任とれんのか」っていうセリフについて
ぷりっぷりのおしり⛅
49,800円
残りわずか
(販売数2)
この記事は、購入後にオークション出品が可能です

ぷりっぷりのおしり⛅

流れ論者

false