表現悪影響論を支持する書籍『フィクションが現実になるとき』の批判的検討

手嶋海嶺(ゆっくりぱちゅりー)

2022/01/21 19:28

<blockquote>【筆者からのメッセージ】</blockquote>

続きを読むためには
この続きは文字数は22,508文字、画像は22枚です。
既に購入済の方はログインしてください
表現悪影響論を支持する書籍『フィクションが現実になるとき』の批判的検討
手嶋海嶺(ゆっくりぱちゅりー)
3,000円
(販売数10)
この記事は、購入後にオークション出品が可能です

手嶋海嶺(ゆっくりぱちゅりー)

私に対するあらゆる批判、誹謗中傷、揶揄、風刺、侮辱、戯画化を承認します。ブロック機能・通報機能を使用しません。ツイートのスクショ回覧やTogetterまとめもご自由に。但し、私はそれらに批判・反論・否定的論評を加える可能性があります。アイコンは@amaamabie様、ヘッダーは@idfRRLigI2vux6t様より。

false